パラパラ

hana 024.jpg

 

 車の中より撮影した大泉桜です。この通り桜並木が続きます。まさに満開状態ですが今にも雨が降ってきそうです(撮影後すぐにパラパラと・・・)。

そうそう、なぜ車の中から撮影したのかというと凄い渋滞で桜を眺めるしかなかったのですが・・・。

この数分後原因判明、この桜をきっと眺めていたであろう事故車発見!おかげでしかっり観賞できたのですが、危険ですね・・・

私もすぐに見てしまう方なので注意しないと・・・

大きなおもちゃが届きます

kuruma1.jpg
 

 何事も勢いが大切である。本当???

シトロエンC4ピカソ、これ勢いで買ってしまいました。これから5年頑張って、私働きます。

というのも、無いはずの車でしたが今試乗車として使用しているものを7月に中古で売りに出すとの情報を頂き、では是非予約をしたいと昼に申し出たところ。夜になってからそんなに欲しいのなら譲ろうってな感じで、どうですか?とのこと・・・

どうせ買うなら少しでも新しいほうが良いに決まっている。

『是非買いますよ!と思わず即答してしまった。』

3ヵ月試乗車として使用、580㎞走行、ガソリンを二度入れただけの新車みたいなものです。まだ慣らしすら終わっていない。

しかし勢いというものは恐ろしい。実は2日で決めてしまいました。もう少し冷静にならなくてはと少しだけ反省?

後数日で大きなおもちゃが届きます。楽しみです。

「頑張って働きます。」

 

 

 

 

不滅のピカソ

 久しぶりにブログを更新したくなる出来事・・・

今自分の乗っている車の車検が今年の秋で切れる為(平成9年セフィーロワゴン)、車を変えようかどうか検討中!

とある所でたまたま発見した車 『シトロエンC4ピカソ』 子供がいるため少しゆとりの有るミニバンあたりかな~と思っていたところ"ストライクゾーンど真ん中"てな感じでさっそく調べて見る。これがいい!シトロエンはやはり普通でなくいい!

そうそう前からシトロエンが好きでXMをいつかほしいな~などと夢を見ていたことを思い出し、C4ピカソがほしいモードになり、とにかく試乗し価格交渉するぞと意気込みディーラーへ・・・

いざディーラーへ行くと日本のメーカーと全然雰囲気が違く売る感じが無く・・・ まっ、いっか??? とりあえずC4ピカソを試乗させてもらうと、楽しいデザインと開放感、爽快感がバツッグン(ほとんどガラス)!乗り心地もなかなか良い!これほし~い!しかもピカソのサインロゴがしっかり付いている。死んでからもこんなに頑張ってサインを売るピカソ。不滅のピカソ(画集の名)すごすぎる!

いざ交渉、これいくらになるの(日本車の場合値切るよね!高級車以外は)・・・     反応、弱? 何故? 

今この車、在庫が日本に無いとのこと。2ヶ月先のことまで今の時代は分かるらしいが、船に乗せる予定が無い(欲しいグレードと色の車)注文です。なるほど、無理して買わせる気はないよね。玉がないのだから。

しかしおかしい話だ、そんなに売れているのならなぜ走っているC4ピカソを見ないのだ(一度も無い、それも魅力だが)と問うと。そもそも日本使用に造っている玉じたいが、かなり少ないらしい(さすがフランス車)。

しかし無いとなると益々欲しくなるもの、もう日本車なんか考えられない・・・    どうしよう???

 

 

白牡丹完成

 

botan b 001.jpg

botan b 002.jpgやっとニスを塗り完成しました。後は額屋さんに搬入するだけです。ホッ!

←これ部分拡大したつもり(もう少し大きく撮影すればよかったな~)

自分なりには、納得しているのですが・・・

 

どうですか???

 

次は花菖蒲の大き目の作品でも制作したいです。そんな気分です。

 

 

 

 

白牡丹

botan a.jpg

 

 

 F50「花の咲く風景 ‐牡丹‐」 

 

完成! 後、乾燥待ち

 これ、作品依頼を受け制作し世に発表することの無い作品です(借りることは可能かな)。

この場にて発表(もう少しきちんと撮影しなければ)。

去年の個展 Flower-にて発表した、F50・ピンクの牡丹の対になる予定です。気に入ってもらえると良いのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢のようこそ国

最近息子とNHKのキッズ番組、いないいないばぁっ・おかあさんといっしょなどを見ることが増えてきた。

とくにおかあさんといっしょはすばらしい・・・  ディズニーランドのお兄さん達とかぶる感じ・・・  なぜ・・・ 本気なのだ(あたり前だが)夢の国にようこそ!てな感じかな。皆本気で演じ本気で語りかけてくる(歌のお姉さんのはいだしょうこは、好いね)3月で交代らしい、残念。

 

夢の国にようこそ・・   そんな作品が描きたいね!