ネタ無し

 

  最近ブログを書く余裕もなくなってきたな~  

37歳アルバイト(この所口癖)、妻子持ち、父ちゃん頑張れってな感じ・・・

 しかも書くネタも無い。

制作のことぐらいしか無いので、また制作過程を記録するか・・・それは飽きるね、また何時か!

 

 

ガッチャマン

tori 001.jpg

 

 

 

 

 

元祖ガッチャマンを発見!

  北村西望作   1956年制作

   「烏の母親-舞踊」(部分)

こんな所でガッチャマンに会えるなんて・・・なんか大発見をした感じ。 しかし被り物をして首から下は裸体で踊っている。

それでいいのか???

 

 

 

 

ギャラリー トーク

                                            gaku 003.jpg                                                           

                                             今日は仙台三越にてギャラリー トークを開催いたしました。仙台の皆様、沢山お集まりいただき感謝!感謝です。また来てくださいという言葉に大変嬉しく思いました。

もう少し上手く話したいものです・・・

しかし仙台も近いものですね、新幹線って素晴らしい。

 

 

 

 

←安西大作品特集会場

思い込み?

  いや~昨日は、久しぶりに飲みました。というのも両洋の眼展のオープニングなのですが・・・

両洋の眼展の最初の出品が29歳の時です。雑誌や画集等で見たことがある偉い先生方ばかりという印象で、もちろん誰とも話せず、なぜ自分がここに居るのだろうと辛く、会場の隅で早く終わらないかと時間を待っていた記憶が・・・

出品回数と発表を続けてきたことで、少しずつ知り合いが増え、今ではそんな方々と酒を飲めるようになりました。自分が憧れて画集等の中でだけ見ていた作家と、いつの間にか距離がぐっと近くなったような気がします(思い込みかな)。そんな方々に早く追い着き、越えなければ・・・(できるのか???)    まっ!描くことしかできないし、なるようになるか?

報告

近日の展覧会予定です。展覧会等が重なりかなりヤバイです。
仙台三越では、ギャラリートークを開催いたします。
 
 
 
 
                    2008
              杜の都のアートフェスティバル
            三越美術逸品会
 
        2月11日(月)~17日(日) 仙台三越7階
        安西 大ギャラリートーク 17日(日)14:00~
 
 
 
 
 
          2008 両洋の眼展
 
  【巡回日程】
     
 東京展  2月12日(火)~17日(日)   日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
 山形展  4月11日(金)~5月11日(日) 天童市美術館
 兵庫展  5月17日(土)~6月15日(日) 尼崎市総合文化センター
 山梨展  6月22日(日)~8月31日(日) 河口湖美術館
主催:両洋の眼委員会 http://www.ryoyonome.org/
協力:東邦アート・東京マルイ美術                      F100号 「樂園」を出品
  
 
 
 
 京都アートギャラリーフェア
みやこめっせ(京都市勧業館)
2月15・16.17日午前10時~午後5時
    
               -次代を見つめる-
ぎゃるりー神戸       俊英洋画選抜展  出品予定
                                

牡丹9最終回

sakuhin9 001.jpg

 

     牡丹制作

 

今回使用する箔は、左上から光陽箔(銀箔に着色)、金箔、

左下黒箔(銀箔を酸化させたもの),青貝箔(銀箔を酸化させたもの。玉虫箔)

 

 

 

 

sakuhin9 002.jpg 

 

 

 

 画面全体が乾燥したことを確認し、油彩で描いた部分にシッカロールをはたく(箔は少しの粘りがあると付いてしまうので防止の為)。

箔を貼る部分だけに糊を塗る。ここでは油彩の為、オイル(コーパル系)+油絵具(ライトレッド)で行う。筆跡を残さないように丁寧に慎重に。

 

 

 

 

 

sakuhin9 003.jpg

 

 

 金箔を貼る前に四角切った光陽箔を置きその上にに金箔を被せる。

 

 

 

 

 

 

sakuhin9 004.jpg    

 全体に金箔を被せた様子。

 コットンで軽く押さえ、空刷毛(乾いたやわらかい刷毛)で、やさしく払う(少しでも強く払うと箔が削れてしまうので注意)

 

 

 

 

 

 

sakuhin9 005.jpg

   

 

 

 残りの部分にも塗った状態。この時もすでに貼ってある金箔の上にシッカロールを叩いておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

sakuhin9 006.jpg

 

 

 

砂子(金箔)を捲き、カットした青貝箔・金箔を置く。

 

 

 

 

 

sakuhin9 008.jpg

 

 

 

 全体に黒箔を置く。黒箔は刷毛で払わずにコットンで軽くなでるように押さえた方が綺麗にいきます。画面左部分は軽く押さえたところ下に置いた箔が綺麗に出てきます。

 

 

    

 

 

sakuhin9 009.jpg

 

 

 全体に箔が置き終わり、とりあえず完成

この後、箔の乾燥を待ってニス(タブロー)を塗ります。ニスにより箔が濡れ色になり少し重くなる予定です。又箔の酸化防止にもなります。

 

 尚この作品は、日本橋三越本店6階

2月12日~ 両洋の眼小品展に出品予定です。

 

以上、やっと終わりです。また普通のブログに戻ります。宜しくお願いします。

 

 

牡丹8

sakuhin8 001.jpg

 

 

牡丹制作

 

今一度、花びらの奥から描きお越し、蕊をさらに描く。葉を描き込む。

 

 

 

 

sakuhin8 002.jpg

 

 

 

 

蕊部分拡大図

 

 

 

sakuhin8 003.jpg

 

 

 

水滴部分拡大図

 

 私としては、最後の印である水滴を描く。

これで油彩による作業は、とりあえず終了です。

この後、箔貼り作業になります。

次が最後の工程です。

 

                         つづく